2018年西日本豪雨災害支援, 活動報告

KIZUNAフェスタの軌跡

2018年に発生した西日本豪雨災害の支援の中で復興支援イベント「KIZUNAフェスタ」の企画・運営としてイベント支援をさせていただきました。

デスクワークのようなイメージのあるポジションですが会場になる公園の清掃、整備、駐車場になるかつて災害ゴミが山積みになっていた場所に残っているガラスの破片などの災害ゴミの残りをひとつひとつ拾っていくようなところからイベントのゲスト調整や音響、ボランティア調整、設営、撤収、イベント中の本部など多岐に渡るサポートをさせていただきました。

第一回目 2018年11月 来場者数約1100名~

主催・真備町緑化協会

ゲストに日本におけるゴスペルの第一人者ラニー・ラッカー氏をはじめ、神山みささん、向日かおりさん、坂上悦子さんなどのミュージシャンの方々をはじめ、マジシャンの菅原英基氏もオープニングにて素晴らしいマジックを披露してくださいました。ダンスあり、歌ありの素晴らしいステージイベントと、お金はかかるけど好きなものがなんでも選んで食べられるようにと多くの業者の方もご協力してくださり屋台も充実した内容で準備することができました。会場のあちこちで再会を喜ぶ声が聞こえ、時には感動の涙も見えるような素晴らしい時を共有あさせていただきました。

第2回2019年4月 来場者数約1500名~

主催・真備町緑化協会

一回目からさらに内容を練り込んで臨んだ第2回、地域の方もミーティングから参加していただき、こどもたちも参加出来るこどものお店屋さんの企画も好評でした。

また今回のために作詞作曲したテーマ曲「七色のきずな」をフィナーレでこどもたちを中心に若い世代のボランティアも一緒になって踊っている様子は本当に励まされる光景でした。

それぞれに多くの団体、個人のご協力のもと復興支援として住民の皆様へ素敵な一時をお届けすることが出来ました。ご協力心から感謝致します。

第3回目 新型コロナウィルスの影響で延期

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です