2018年西日本豪雨災害支援, 活動報告, 災害支援

空が見えるようになると

一月にはいり竹を切る日数が増えて来ています。

間隔をある程度開けて間引いていくとそらが少しづつ見えるようになってきます。

日光が当たると美味しいたけのこができるようになっていくとお聞きしました。

竹林に差し込むこもれびも爽やかです。

美しい竹林を維持して、産業を守ることは本当に大変なことです。

支援にもつなげていきながら寄り添い、一緒に考えていきたいです。