2018年西日本豪雨災害支援, 活動報告, 災害支援

真備 奇蹟のビニールハウス解体作業

10/3真備町にて新型コロナの影響が出だしてからなかなか集まっての作業が出来ない状況が続いていましたが屋外で密にならずに出来る内容だったこともあり久しぶりにある程度呼びかけさせていただいての作業となりました。

解体しているとパイプのなかから2年前の水が流れ出してきて色々と感じるところは多かったです。KIZUNAフェスタはこの場所から生まれました。まだ暑さも残る中周囲の片付けもしながら準備を進めたのを思い出します。そして新しく総社市のNPO法人こもれびの里にて活用されることを嬉しく思います。ともに作業してくださったおひとりおひとりに心から感謝します!

連携・協力団体

NPO法人こもれびの里

チーム山本

また今回の活動を山陽新聞でとりあげていただきました。

→記事はこちら

【この事業は,岡山県共同募金会からの支援を受けて実施しています】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です